最適な方法

善玉菌の役割について

私達の腸内には、善玉菌と悪玉菌という二つの菌が生息しています。
どちらも『菌』というあまりイメージの良くない名前が付いていますが、「善玉菌」はその名の通り体に良い影響を与える菌であり、消化器官である胃腸がスムーズに消化等の活動を行えるようサポートしています。
腸内に善玉菌が占める割合が増えることが望ましいと言えます。

主な善玉菌の働きとしては、まず反対勢力である悪玉菌の働きを抑制すること、そして腸内環境を整え便秘などを解消すること、ウイルスなどの外敵から、体の免疫細胞を活性化させることにより体を守ること、その他美容にも良い影響を与えるとされています。
善玉菌にはたくさんの種類があり、ビフィズス菌や乳酸菌がそうです。
特に乳酸菌は、O-157などの食中毒の予防、大腸がんなどのガン予防、感染症や花粉症などの予防など、体にとって様々な効果を齎しれくれる菌と言えるでしょう。

逆に「悪玉菌」は『菌』が持つイメージそのものです。
タンパク質などの有機物から腸内環境を悪化させ、体に悪影響を与える腐敗物質を作り出し、それらが原因となり発がん物質などが作られることもあります。
また、便秘や下痢など、腹部の不調の原因にもなります。
便秘解消をして健康であるために、善玉菌は欠かせないのです。