最適な方法

妊婦の便秘解消に漢方が効果的

普段から健康のために漢方を用いられている方は少なくないでしょう。
妊娠中の女性、または出産後の女性の体に関しても、漢方を上手に用いるなら、妊婦のためにも赤ちゃんのためにもなると言えます。
妊娠中に漢方を摂りいれるということは、妊婦の体調管理や、流産を予防することなど、様々な意味合いがありますが、漢方を摂ることにより妊娠中の便秘を解消することができます。

妊娠中は、赤ちゃんへ栄養や水分が補てんされていくために、妊婦自身の体調管理が難しいということがあります。
その過程で便秘になることがあります。
赤ちゃんの成長によって腸が圧迫されることもその原因です。
そのため、いわゆる下剤を使うことはできるだけ避けた方が良いでしょう。
薬の影響を赤ちゃんが受けてしまうこともあるためです。

慢性の便秘に悩んでいる場合医師への相談が必要です。
漢方を用いるなら、芍薬や麻子仁丸が効果的とされていますが、使い方に注意しないと、薬や漢方の間違った使い方により、胎児への影響、または流産の原因ともなる場合があります。
何度も述べるように、まずは医師の判断を仰ぎ、漢方やその他薬などの使用に関して判断を仰ぎましょう。
便秘解消対応で可能であるなら、薬や漢方類は用いないことが最善です。