最適な方法

便秘解消で子供に負担なく対応出来る方法

大人になってからの便秘は多くの方が経験されていることだと思いますが、子どもの頃、便秘になったという記憶がある方はいらっしゃるでしょうか?
子どもの頃便秘になることは大人に比べて少ないのですが、それでも何らかの原因で親が気付かずとも便秘になってしまうことがあります。

それは一体どのような場合でしょうか?

まずは、親がきちんと子供に、毎朝の排便習慣を教育していない場合です。
トイレで座る時間や頻度がまちまちになってしまうといけません。
子どもの慢性的な便秘の原因になってしまいます。
必ず決まった時間に無理なく、習慣付けるようにさせましょう。

もちろん無理なく便秘解消というのは、子どもが緊張状態にならないようにするためです。
それでも出ない状態が続けば、普段の食生活が原因となっているかもしれません。
改めて子供に与えている食事を見直してみて、必要とあらば病院で適切な処方を受け、服用された薬を飲ませることができるでしょう。
病院などに頼る前に、お家でできることから行ってみましょう。
朝食にバナナとヨーグルトをプラスする方法なんていかがでしょうか? http://notificationcontrol.com/banana.htmlにも詳しい解説がありますが、バナナには食物繊維が、ヨーグルトには乳酸菌が含まれています。
便秘解消に効果的な食物繊維と乳酸菌が摂れるので、毎朝食べ続けることで徐々に排泄がスムーズになるでしょう。

子どもの便秘http://www.tierracloud.com/kodomo.htmlは、子どもの頃特有に起こる何らかの病気のサインである可能性もあります。
ヒルシュスプルング病という病気の可能性も否定できません。
また、子どもが受けるストレスなど、心因性のものである可能性もあります。