最適な方法

便秘で腹痛を伴った時

お腹は痛いけど便は出ない…そのような辛い状況になることがあります。
腹痛を伴う便秘には、どのような原因が考えられるでしょうか。

まずは、IBS(過敏性腸症候群)である可能性です。
IBSとは、ストレスや緊張などにより、腸の働きが正常ではなくなり、腹痛を伴う下痢や便秘になるものです。
特に現代人に増加している症状の一つであり、本人が全く意図していない場所や時間に腹痛を伴う場合もあります。
これにより辛い思いをされている方が多いのも現状です。
IBSによる、腹痛を伴う便秘がひどい場合、生活の改善や薬などを用いて治療を行っていくことができます。
やはりストレスは、どんな場合でもお腹に良くないのです。

また、お腹に溜まったガスが原因である場合もあります。
それに、お腹に便が貯まるということは、『腸の形』が関係している場合もあります。
形によっては作られた便が上手く排出できない状態になっている可能性もあります。
外部からの刺激によって改善することもあります。

ただし、間違ってはいけないのは、腹痛を伴う下痢や便秘などを発症している場合、大腸そのものの異常や、感染症などの疑いもあります。
おかしいな、と思ったらすぐに診療を受け、正しい便秘解消の解決方法を仰ぐ方が良いでしょう。