最適な方法

便秘解消を便秘薬で対応する

便秘になってしまったと感じた時、すぐに便秘薬に頼ることは良いことなのでしょうか?
これは、時と場合によります。

まず、便秘薬を使用するということは、何らかの方法で、溜まった便を体外に排出させるために用いるということです。
そのため、薬を用いることは『根本的な解決になっていない』場合が多いのです。

便秘薬の働きには、腸の運動を薬によって活性化し、便を体外に出す、また便を柔らかくし、体外に出す働きのあるものがあります。
それらの薬は、一時的な効果を得るのには良いかもしれませんが、薬を長期的に服用したことにより腸の病気が引き起こされる場合があります。
そういった副作用が少ない薬も存在しますので、事前に調査、または医師と相談して正しい薬を処方してもらいましょう。

薬を使用する際は、それが習慣化してしまうことがある、ということに注意しなければなりません。
薬による刺激を重ねていくと、自力で排便する機能が弱くなってしまいます。

薬がなければ排便が難しくなってしまう可能性があるのです。
また、便秘解消に関しての情報にも種類があります。
私達が普段起こりやすい便秘は機能性便秘と言いますが、、病気が原因となって引き起こされる器質性便秘の場合、市販の薬では解決できません。

↓生活習慣の見直しで便秘改善